台湾恋愛映画「振り向いたらそこに」のあらすじ

台北発メトロシリーズ(忠孝復興駅)


振り向いたらそこに(日本語タイトル)
奉子不成婚(中国語タイトル)

 

台北発メトロシリーズの今回の舞台は忠孝復興駅。台北の中心部で大手企業も多くある場所です。

 

あらすじはコーヒーが好きでたまらない、映画監督になりたい、そしてお金が無いダメ男が主人公。コーヒーは趣味、映画監督は夢であり目標、バーとカメラマンのアルバイトで収入を得ています。台北にある大手携帯会社に勤める美人OLに一目惚れするが最初は脈なし。そこから結婚までどうもっていくかを見れる恋愛結婚ストーリーです。

 

ちなみにこの映画の監督は日本人の北村豊晴さんです。

 

台湾恋愛映画「振り向いたらそこに」の感想

こんな人にとてもおすすめです。

 

(女性の場合)
ダメ男を好きになったことがある
結婚適齢期
子供を産むタイミングを考える
(男性の場合)
自分はダメ男だ
ダメ男でも美人をゲットしたい
お金が無い
(性別に関係なく)
コーヒーが好き
映画が好き
台湾が好き

 

ダメ男が美人と恋愛して結婚する成功ストーリーです。これをコミカルに描いています。

 

「この部分は自分と重なってよくわかるな」とか「相手はこういうときにこう考えるのか」とか「親目線で考えるとこうなるな」とか「友情っていいな」とか「1つでも誇れるものを持っていると強いな(映画の場合はコーヒー)」とか感じながら見ていました。

 

美人OLが「結婚適齢期」ということや「できちゃった婚」というのもこの物語のポイントになっています。

 

ダメ男にいつも惹かれるのという女性や、ダメ男だけど美人と仲良くなりたいという男性におすすめです。

 

コーヒーが好き、映画が好き、台湾が好きという人にももちろんおすすめですよ。

 

振り向いたらそこに

台湾映画「振り向いたらそこに」は台北発メトロシリーズ

台湾映画「振り向いたらそこに」の中に他の台北発メトロシリーズの映画で登場した人がちょいちょい出てきます。これも見どころのひとつです。

 

「同じ地下鉄に乗っていたんだ」とか「この人とこの人はこういう関係だったんだ」とかわかります。

 

最初はこんないい映画だと思わずに見始めました。10分くらい見たときに映画の中に引き込まれていき「ずっと楽しんで見たい」「この映画は終わらないで欲しい」と思うほど魅力的でした。

 

いい映画です。おすすめです。

映画を見るためには時間が必要。
仕事もしないといけないから時間がない。
お金がもっとあったら時間もできて映画を見れるのに!
お金のことをちゃんと考えたときのこと→